引越し作業で重要なことは事前の段取りと運搬前の準備

引越しは、まさに一大イベントだと言えるでしょう。
引越しは手間がかかるだけではなく、段取りを失敗してしまうと大きなトラブルにまで発展することもあります。
できる限り大きなトラブルを回避するように心がけ、段取りをしっかり整えてから引越しを行うことが大切だと言えるでしょう。
中でも大きな荷物については注意が必要です。大きな荷物の場合、可能な限り自分で引越しをしようと考えている場合は注意が必要です。
例えば机や椅子などを運び出す場合、自分で行うときにはできる限り分解できる机や椅子については分解をして運び出す方がトラブルは少ないと言えます。プロの引越し業者へ依頼を行う場合は、分解をすることなくそのまま運び出すのが一般的ですが、自分で行う場合は分解をすれば軽くなるだけではなく持ち運びも楽になります。また、車で運搬をする場合でも、分解をしておけば車に入れ込みやすくなり、さらに車に入りやすくなるでしょう。
また、大きな荷物は車で運搬をする場合は傾きなどが生じてしまい角部分に傷が付きやすくなってしまいます。分解をした後は、角に傷が付かないようにダンボールなどで養生をしておくことをお勧めします。
スムーズに引越しができるように段取りはしっかり行うようにしましょう。

引越し業者の料金体制を知る

引越しをする際は何かとお金がかかります。
そして、遠方に引越す場合には
どうしても引越し業者に運送をお願いしなければなりません。

中には、自分達だけで引越し作業を行う方も
居られるようですが
下手すると逆にお金がかかってしまう事例もあり
それと共に、かなりの体力と人手がいります。

そうならない為にも引越し業者の
料金体制を知り
うまく引越し業者を使って引越しをする事が有利になります。

引越し業者の料金体制はいくつかあります。
引越し業者も様々で
あの手この手で利用してもらうようにします。

・旧住まいから新住まいの距離

やはり、距離は大きく金額に影響します。
新しい住まいが遠くなればなるほど料金は高くなります。

トラックのガソリン代、高速代などが必要で
遠くになればガソリンもかかりますし
高速料金も高くなる為、金額的にも高くなってしまいます。

・引越し作業が完了するまでにかかる時間

引越し業者によって
時間で決められるコースが用意されている業者も多くあります。

引越し作業を開始して
引越し作業が終了するまでの時間です。

4時間コースや6時間コース、長いと8時間コースなどあります。

こちらも距離と同様な感じで
時間が長くなるほど料金も高くなります。

・荷物の量と人件費

引越しには冷蔵庫や洗濯機など大きな物から
洋服や雑貨などを段ボールに詰めた物など
人により荷物の多さは変わってきます。

荷物の量も料金に大きく反映され
多ければ多いほど高くなる可能性があります。

引越し準備の際に、できるだけ不要な物は処分するなどして減らす事がいいと思います。

又、業者によっては
トラック1台分で収まれば荷物の量に関係なく
定額料金で済むところもあります。

そして、荷物量でも関わりがあり色んな面で
引越し業者に頼む場合は人手が入ります。

そこで関わることが人件費です。

荷物が多くトラック2台を使わなければならないとなると
人件費もトラック1台より多くかかってしまうのは当然の事です。

以上の3点だけでも知っていれば
改善できる部分もあり
引越し費用を少しでも抑える事ができるかと思います。

横浜で安い引越しをする方法と、格安の引越し業者の探し方※無料で見積り

引越し業者の選び方とプランについて

引越しは、大型家具などもあり、自分や家族や親戚わ友達だけで引越しを行うことは、とても大変なことです。そんな時は引越し会社を利用することをお勧めします。

引越し会社は、その会社ごとに独自のサービスがあり、どの会社を選んで良いか分からないこともあります。その時は、色々な業者を比較して、自分にあった会社やプランがある所を選んで見積もりを取り比較しましょう。例えば、家具のみの引越しプランです。

引越しは引越し会社に頼めばお金が掛かりますが、家具以外の小さな物を自分で運び、大型家具のみ運んで貰えば、費用を安くすることが出来ます。女性専用プランもあります。女性スタッフが、荷造りから運搬まで行ってくれますので、一人暮らしの女性やプライバシーを守りたい女性には、お勧めのプランです。

引越し会社に頼むと、急なキャンセルなどする場合には、キャンセル料金を取られることがあるので気をつけましょう。このように、様々な引越し会社やプランを比較することにより、自分に合ったプランを見つけることが出来ます。

引越し会社に頼めば、引越しのプロが行ってくれますので、荷物も傷つけることなく、重い物を運んでくれますので、安心して引越しを行うことが出来ますので、お勧めします。

大阪で安い引越しをする方法と、格安の引越し業者の探し方※無料で見積り

引越し業者の選び方

引越し会社は、色々な会社で独自のサービスがあり、どの引越し会社を選んで良いか分からない場合もあります。色々な会社を比較して、自分に合った、会社、プランがある所を選んで、見積もりを取りましょう。例えば、家具のみの引越しプランがあります。

引越しは引越し会社に頼めば、お金が掛かりますが、家具以外の小さな物は自分で運び、大型の家具のみ運んでもらえば、費用を安く済ませる事が出来ます。

女性専用プランも存在します。これは、引越し作業全てを女性が行うプランなので、女性でも安心して利用できる引越しサービスです。業者に頼むと急なキャンセルがあった場合、キャンセル料金を取られる事がありますので、慎重に選びましょう。

引越しの流れとしまして、引越し1ヶ月前開に、引越しの見積もり、賃貸の場合は出て行く連絡、お子さんがいる場合は、転校手続き、粗大ゴミの予約、転移ハガキ用意などを行います。引越し前日までには、転出届、電気、ガス、水道の停止、銀行、クレジットカード、各種保険、住所変更、郵便物の連絡、引越し先への挨拶などを行い、部屋の掃除、引越しとなります。引越し後は、14日以内に、転校手続き、運転免許証の住所変更、車検証の変更を行わなければなりません。

 

 

引越し業者に依頼せずに安く済ませる方法

私が今まで引越しをしてきた中で
安く済む方法を教えます。

引越しをする場所にもよりますが
車で行ける距離であれば
もちろん、引越し業者を使わず
自分達で運んでいく方が安く済みます。

自分達で運んでいくのは
引越し業者を利用するよりも
遥かに疲れますし
とても大変な事だけは承知しておいて欲しいです。

逆に、引越し業者に頼めば
楽ではありますが金銭面で高くつきます。

だいたい車で片道4時間かかる場所に
引っ越した時の事ですが
引越し業者を使えば約5万~7万です。

ここが安くするポイントで
レンタカーのトラックを借りることです。

トラック一台借りると
安いとこで1万~2万で済みます。

そう考えると、ここで大きな差が出来る事が分かります。

私はトラック一台で一日中借りて
一万円弱で済みました。

トラックの大きさにもよりますが
4トンで一万円弱のお値段です。

4トンもあれば、かなりの荷物が入りましたし
逆にまだまだ積めれるぐらい空いてました。

高速代とガソリン代という出費はありますが
その出費を合わせても
3万円で引っ越しが出来たのです。

引越し業者に頼めば最低5万は必要でしたが
レンタカーのトラックを借りるという方法で
3万円以内で引越しができ
その差額は2万ということになります。

2万の差額は結構大きいです。

ただし、デメリットもあり
レンタカーのトラックを借りるという事もあり
女の子だけだと
ちょっと不可能な引越し作業にはなります。

もし、知人などあてがあれば手伝って貰うなどすると
このように引越し料金が少しでも安くなると思います。